50万で読書

そうだ、本を買おう

降ってわいた50万。そうだ、本を読もう。

或る日突然、おじいちゃんがくれた50万円。

 

ある目的をいつまでたっても達成できない私に

業を煮やしていたらしいおじいちゃん。

 

「そのためにやるんだけんね」

 

と釘を刺されました。

 

なんとなく手をつけられずに3ヶ月ほど預金したままにしていましたが、

とりあえず今の状況で、その目的のために、私ができることといえば

好きに本を読むことではないかと思い立ちました。

 

という訳で読書記録をつけようと思います。

なんでわざわざ記録をつけるかというと、

つづけるためと、備忘のためです。

 

プロジエクト名:50万で読書

予算:50万円

目的:乱読。世の中で読まれている本(基本的には小説)について知る。

当座の目標:つづけること。挫折しないためにまずは読みやすいものから読む。記録についても、内容を欲張らない。